福島城
 
別 名
所在地 茨城県つくばみらい市南太田
築城者 中山氏
築城年 室町時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
舟入
遠景 堀切 主郭 土塁
舟入 物見台 物見台
 
 三条院城は興味を掻き立てられる城だった。地元に伝承では室町時代から戦国時代にかけて中山三条卿という京都から公家がこの土地の領主となり築城したとなっている。三条院というのは確かに公家の屋敷跡を連想させる。
 郷土史では多賀谷氏が岡見氏の支配下にあった板橋城を攻撃したときに築いたと推定している。板橋城はここから歩いて10分ほどの距離にあるが、多賀谷重経は豪胆な武将だったのであり得ない話ではないと思う。
 城跡へはわずかな登りだけでいきなり主郭へ到達し土塁を見ることができた。郭跡はまったく整備されていないが、土塁や堀切はよく残されていると思える。北の台地続きに浅間神社があり主郭から土塁の上を歩いて行くことができる。舟入の遺構は明瞭にかたちが残り、まるで造船所のドッグのようだった。
 
つくばエキスプレス・関東鉄道「守谷」下車 
関東鉄道バス「緑ヶ丘団地」行で「総合運動公園入口」下車 徒歩20分
 
2009/01/10 伊奈町史