別 名 吉岡城
所在地 茨城県鹿嶋市城山
築城者 鹿島政幹
築城年 養和元年(1181)
廃城年 天正19年(1591)
現 状 鹿島城山公園
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 大掾氏の一族鹿島政幹が鹿島城を築いたのは源頼朝が挙兵した翌年の養和元年(1181)で茨城県下でも古い歴史を持つ城跡である。豊臣秀吉が天下を統一し戦国時代が終焉を迎えた頃に鹿島清秀は佐竹義宣に謀殺され鹿島氏は滅んでいる。佐竹義宣は鹿島城に陣屋を置いて管理したが慶長7年(1602)の佐竹氏の出羽移封で廃城となった。
鹿島城 水堀 本丸跡の土橋
本丸跡の土塁 腰郭 鹿島城からの夕景
 古い友人と鹿島神宮へ参拝に訪れたが同じ関東地方でも鹿嶋市は遠かった。途中で神宮寺城や阿波崎城に立ち寄り鹿島神宮へ着いたのは遅い時間だった。鹿島城を散策しているうちに夕暮れ時を迎えてしまい主郭をやや急ぎ足で歩いたに留まった。そのおかげで綺麗な夕空を眺めることができたのは嬉しかった。
 主郭までは車で乗り入れることができるが利便性を優先させた分だけ遺構は破壊されている。市街地の都市公園ということを考慮すればから仕方のないことだし、史跡の保存と活用を両立する場合にこうなることはやむを得ないと思う。思っていたよりも遺構は残されていたし跡形もなく消え去ってしまうよりはずっといい。
JR鹿島線「鹿島神宮」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・鹿島城跡案内板
2012/10/13