別 名
所在地 茨城県潮来市島須
築城者 島崎成幹
築城年 応永年間(1394〜1428)
廃城年 天正19年(1591)
現 状 御札神社・山林
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 島崎氏は常陸大掾氏の一族で島崎次郎高幹が祖とする。高幹は鎌倉時代の人であり島崎城を築いたのは室町時代を生きた島崎成幹の時代である。島崎氏は行方郡に蟠踞した豪族の中ではもっとも栄えた一族で石高に換算すると4万5千石を領有し南方三十三館と称された土豪たちの盟主的な存在となっている。しかし豊臣秀吉が天下を統一したあとも常陸国の戦国時代は終わらなかった。秀吉から54万石という大封を与えられた佐竹義宣にとって領内の国人領主たちは目障りな存在だった。南方三十三館の土豪たちは義宣から宴席に招かれ誰一人その居城へ戻ることはなかった。このときに島崎城主の島崎義幹も義宣に謀殺されている。島崎城も佐竹氏の軍勢によって攻め滅ぼされたのだろう。
島崎城 水堀跡の水田 主郭跡の虎口
主郭跡の土塁 馬出し跡の虎口 空堀
空堀 空堀 小屋曲輪跡
 友人と鹿島神宮へ出かけることがあった。普段から城跡めぐりばかりしているので成り行きで寺社を訪ねることは多いが、鹿島神宮のような高い格式を持つ大きな神社を参拝したことはあまりない。だいたいが城跡に建てられた小さな神社ばかりで古い由緒を持つ神社が城跡だったということはあまり見受けられない気がする。
 佐竹氏は島崎城に代わる新たな政庁として堀之内大台城を築いているが、関ヶ原の戦いで西軍寄りの立場を取ったため出羽へ国替えとなり最新鋭の城として築かれた堀之内大台城は短命に終わった。地元の人々にとって侵略者の城である堀之内大台城は完全に破壊されてしまっているが島崎城は今も遺構がよく保存されている。旧主を騙し討ちにした佐竹氏への恨みが現代まで続いているようだった。
 島崎城の遺構はとても良い状態で残っている。明確に残る虎口と深く抉り取られたような空堀が印象的だった。島崎氏が非業の最期を遂げたことで怪異譚が伝えられる城だがそういったことはなかった。今の時代まで続く人の恨みのほうがずっと恐ろしいと思う。
JR鹿島線「潮来」下車 徒歩60分
日本城郭大系/新人物往来社・島崎城跡案内板
2012/10/13