別 名
所在地 茨城県下妻市大宝
築城者 下津間盛幹
築城年 応徳3年(1086)
廃城年 興国4年/康永2年(1343)
現 状 大宝八幡宮
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 最初に大宝城を築いたのは大掾氏一門の下津間氏であり、鎌倉時代には小山氏の一族下妻長政が居城とした。南朝に属した下妻氏は興良親王を大宝城に迎えて奮戦するが小笠原氏の大軍に攻め落とされている。
大宝城 空堀 主郭跡の土塁
土塁 土塁 土塁
 関城へ訪れたあとの騰波ノ江駅で次の列車が来るまで時間があった。駅の間隔が短いので大宝駅まで歩くことにした。大宝城とは縁起の良い名前であり城跡には大宝八幡宮がある。時期によっては参拝客も多いようだがこの日は閑散としていた。大宝八幡宮の参道入口にある土塁はどっしりとして圧巻だった。この日に訪ねた城跡の中でも筆頭に挙げられる規模だった。主郭の北に残る横堀も良い遺構だったが途中でスズメバチと出会ったので引き返した。ひと通り見終えたあとは大宝駅は素通りして下妻の街へ歩き出した。
関東鉄道常総線「大宝」下車 徒歩1分
日本城郭大系/新人物往来社・大宝城跡案内板
2016/10/07