別 名
所在地 茨城県稲敷郡美浦村木原
築城者 近藤利貞
築城年 応永元年(1394)
廃城年 慶長8年(1603)
現 状 城山公園
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 応永元年(1394)に近藤利貞が築いたとされる。いろいろと諸説があり古い時代の木原城の歴史はあまりわからない。永禄5年(1562)には江戸崎城主土岐氏が近藤義勝に木原城を委ねたという。天正2年(1574)には小田氏治の家臣江戸崎監物が佐竹氏に寝返り木原城は落城しており天正11年(1583)には佐竹義宣らの軍勢が木原城を攻め落としている。
 最後の落城は天正18年(1590)のことで土岐氏は北条氏に属したため佐竹氏の軍勢に攻囲され開城し佐竹義宣の弟蘆名義広が城主となった。関ヶ原の戦いで佐竹氏は石田三成寄りの姿勢を見せたために出羽へ国替えとなり慶長8年(1503)頃に廃城となっている。
二の丸跡の空堀 二の丸跡の虎口 二の丸跡
二の丸跡の土塁 本丸跡の空堀 本丸跡の虎口
本丸跡の土塁 本丸跡の土塁 本丸跡と霞ヶ浦
 古い友人と千葉から茨城にかけて旅をした。美浦村と聞くと日本中央競馬会の美浦トレーニングセンターが思い浮かぶ。自分は若い頃に競馬が好きだったので美浦は何となく親しみのある土地だったが、実際に訪れたのはこのときが初めてだった。埼玉県からはずいぶんと遠いが馬の調教を行う場所だからそれも仕方がない。
 木原城もまた競馬場のように広々とした城だった。夏の盛りで暑かったが霞ヶ浦から吹いてくる風が心地よい。主郭にある展望台に登ると遠くに霞ヶ浦が見えた。さわやかな風が吹き抜けて少しの間だけ暑さを忘れた。何度か激しい争奪戦が繰り広げられた木原城だが今はただのんびりとした時間が流れるだけだった。
関東鉄道龍ヶ崎線「龍ヶ崎」下車 JRバス「布佐橋」行で「山戸丁」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・木原城跡案内板
2008/07/20