福島城
 
別 名
所在地 茨城県つくば市若森
築城者 小田治久
築城年 南北朝時代
廃城年 戦国時代
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 横堀
主郭 横堀 主郭 横堀 主郭 土橋
主郭 虎口 主郭 土塁 主郭 土塁
 
 小田城の西3キロ足らずの丘に若森城はある。土浦駅からバスが出ており、新興住宅地が近いことから意外に本数は多いようだった。道路沿いから丘を見上げても高さはそれほどでもないので、用水路を飛び越え直登するとすぐに立派な横堀が現れた。大きな期待はしていなかった城だが横堀と土橋を見ると予想外の規模を誇る遺構に嬉しくなった。
 丘上の郭は南北に並んでいる。主郭には小さな神社があり背後に立派な土塁が残る。南の郭は江戸時代に陣屋が構えられたため土塁は比較的新しい感じがした。標柱も案内板もない城跡だが、道路脇にある若森県庁跡の案内板に多少ながらその歴史が触れられている。残念ながら中世の記述はなく、陣屋跡の図面が記されているだけだった。
 
JR常磐線「土浦」下車
関東鉄道バス「テクノパーク大穂」行で「高エネルギー研究機構」下車 徒歩25分
 
2013/12/23 茨城県の歴史散歩/山川出版社