福島城
 
別 名
所在地 茨城県つくば市上郷
築城者 長峰正次
築城年 文明11年(1479)
廃城年 天正3年(1575)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
堀切
遠景 石碑 土塁
土塁 虎口 主郭
 
 年末に友人たちと訪れた長峰城は豊田氏の一族長峰氏の居城ということが道路沿いに建つ石碑に刻まれていた。こういった石碑の碑文はとてもありがたいし、石碑があることで場所の特定が容易になるし、何よりも訪れたという達成感を感じることができる。
 長峰城の内部はとても歩けないような藪だった。見通しも利かない藪の中では図面も役には立たず、方向感覚も失われてしまう。あらゆる方向から友人たちの声が聞こえるのが面白かった。僕は途中で虎口を見つけ畑へ出たが、車に戻ったときは僕も友人も靴は泥だらけとなり衣服には様々な種類の種子がくっついていた。
 遺構を観察するというよりも足の感触で確かめるといった状態であり、主郭などは幾重にも折り重なった植物の上を伝うような感覚で、どこに何があったのかまったく覚えていない。
 
関東鉄道常総線「石下」下車 徒歩40分
 
2013/12/23 長峰城跡碑文