別 名
所在地 茨城県石岡市総社
築城者 大掾詮国
築城年 正平元年/貞和2年(1346)
廃城年 正保2年(1645)
現 状 石岡小学校
遺 構 土塁・空堀
移築建造物 陣屋門
再建建造物
史跡指定 石岡市指定史跡
評 価
 府中城は正平元年(1346)に大掾詮国が築いた。常陸の府中であり中心でもあった城だけにいくつもの郭を備えた城だった。天正18年(1590)に佐竹義宣に攻められ大掾氏は滅び義宣の弟義尚が城主となった。佐竹氏は関ヶ原の戦い前後の行動が徳川家康の不興を買い出羽へ国替えとなり、慶長7年(1602)に入れ替わるように六郷氏が府中城主となった。皆川氏が改易されると府中城は廃城となるが、元禄13年(1700)に松平頼隆が藩主となり2万石の陣屋が置かれ明治維新を迎えた。
城址碑 土塁 土塁
土塁と常陸国府跡の碑 石棺 府中陣屋の門
 この日は雨が降っていた。土浦城と木田余城を歩いていたときは雨脚が強かったが、石岡駅から府中城まで歩いた頃には雨は上がった。傘をさしながら歩くのはストレスが溜まるので雨が止んだのはとてもありがたかった。石岡駅から府中城へはのんびり歩いても15分ぐらいだが、せっかく来たので街並みを見たりしながら歩いているうちに城跡に着いた。
 府中城は文字通り常陸国府が置かれた場所である。古代より常陸国の中心として栄えてきた場所に築かれた城だが遺構は大部分が破壊された。残念なことではあるが今も陣屋門が保存され周辺には府中城の往時を知るに十分な土塁が残っていた。石岡の街はごく普通の地方都市ではあるが静かで良い土地だと思った。
JR常磐線「石岡」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・城郭と城下町/小学館
2006/01/14