福島城
 
別 名 法螺貝城・螺城
所在地 茨城県筑西市甲
築城者 水谷勝氏
築城年 文明10年(1478)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 城山八幡神社・下館小学校
遺 構 土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 筑西市指定史跡
備 考
評 価
本丸 石碑
出丸 堀切 二の丸 堀切 本丸 土塁の痕跡
 
 真岡鉄道と関東鉄道を乗り継ぎながら南下したこの日の城跡探訪はとても楽しい一日となった。沿線には駅ごとに城館跡があり、各駅で下車したり、列車の到着時間まで間隔があれば歩いて次の駅まで行く。時間はゆっくりと流れているのに退屈はしない日だった。下館城に着いた頃は汗ばむほど気温が上がっていたが、湿度は低く爽やかな日でもあった。
 下館城は藤原秀郷が平将門追討のために築いたという伝承がある。確かなのは室町時代に水谷氏が築き、長くその居城となったことだが、江戸時代初期に水谷氏は備中成羽へ転封を命じられた。江戸に近いという幕府の思惑が働き、その後は譜代大名が藩主を務めている。明治維新まで存続した下館城も市街化でほとんど失われたが、探せば城山八幡神社に土塁の痕跡を見い出すことができるし、出丸の堀切も残されている。
 
JR水戸線・関東鉄道常総線・真岡鉄道「下館」下車 徒歩25分
 
2016/10/07 日本城郭大系/新人物往来社
下館城跡案内板