別 名 古河旧城
所在地 茨城県猿島郡五霞町元栗橋
築城者 野田右馬助
築城年 長禄年間(1457〜60)
廃城年 天正18年 (1590)
現 状 宅地
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 康正元年(1455)に鎌倉から逃げた足利成氏は古河に本拠を構えて古河公方を称した。古河城の支城として栗橋城が築かれたのは長禄元年(1457)頃と思われる。重臣の野田氏が守った栗橋城はおよそ百年間その居城であったが、永禄10年(1567)頃に北条氏照の手に渡り栗橋衆が組織された。天正18年(1590)に北条氏が滅ぶと栗橋城は徳川家康の家臣の居城となることなく廃城となっている。
栗橋城 案内板 水堀
土塁 郭跡 主郭跡の城塁
 関東の要衝だった栗橋城を訪ねてみたくなった。権現堂川の掘削で半分が削り取られてしまっているが北関東の戦国時代を調べていると避けては通れない重要な役割を担った城である。関東の戦国史を語る上では欠かせない城なので今の姿はとても残念に思う。
 権現堂川沿いに歩くと朝靄の中に栗橋城が見えてきた。この城が完全に残っていれば幾何学的な配置の堀を楽しめたのだろうが残された遺構を見るだけでも楽しむことはできた。民家の中に入らねばならないがちょうど土地所有者と会ったので見学を依頼すると快く了承してくれたので遠慮することなく水堀に下りてみると今も十分にその機能を今も有しており複雑に折れる姿は不思議な魅力を放っていた。夢中で堀底を歩いているうちに足がずぶ濡れになっていた。
東武日光線「南栗橋」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・栗橋城跡案内板
2006/11/03