別 名
所在地 茨城県守谷市本町
築城者 相馬師常
築城年 鎌倉時代
廃城年 寛永4年(1627)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 守谷市指定史跡
評 価
 守谷城に伝わる伝承では平将門が築城したとされるが鎌倉時代に千葉常胤の子相馬小次郎師常が築いたとも伝わる。戦国時代の城主は古河公方に仕えた相馬治胤であるが古河公方が北条氏の傀儡となるとそのまま北条氏に仕えている。天正18年(1590)に治胤は小田原城に籠城したため所領を没収され代わって徳川家康の家臣土岐定政が1万石で守谷城主となった。寛永4年(1627)に土岐頼行は出羽上山へ移封となり守谷城は廃城となっている。
守谷城 城址碑 近世守谷城の土塁
周囲の湿地 本丸跡の土橋 堀切
本丸跡虎口 本丸跡 本丸跡の土塁
馬出曲輪跡の堀切 妙見曲輪跡 守谷城周辺の風景
 はじめて守谷城へ訪れたときに守谷小学校近くにある石碑を撮影した。遺構はもう残っていないのかと東へ歩くと城跡の台地があった。構わずに進むと見事な空堀を従えた郭が残っていて驚いた思い出がある。当時の守谷城とその周辺は戦国時代と変わらないような風景が広がっていた。湿地と森林ばかりで戦国時代の守谷城を復元するのにそれほどの時間も資金もかからないと思った。
 広大な面積を誇る城であるが外郭はほとんど宅地化されている。主郭の空堀は見事なもので奥へ奥へと歩いていくのが楽しくなった。虎口もよく残されており土塁も一部では原型を保っている。再訪したときにはずいぶんと風景が変わったと感じた。つくばエクスプレスの開通で周辺も都市部への通勤圏として発展を遂げている。守谷城の周辺は当時のままで安心したがすぐ近くまで住宅開発の波が押し寄せていた。城跡はこのまま保存されるだろうが城跡の近くまで住宅が建つのも味気ない。地形を含めて当時の面影を残す優れた城なので周辺の風景もあまり変化することがないことを願いたい。
関東鉄道常総線・つくばエクスプレス「守谷」下車 関東鉄道バス「取手駅」行で「保健センター前」下車 徒歩40分
日本城郭大系/新人物往来社・守谷城跡案内板
2006/10/08・2009/01/10