別 名 府川城
所在地 茨城県北相馬郡利根町布川
築城者 豊島頼貞
築城年 南北朝時代
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 徳満寺
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 利根町指定史跡
評 価
 布川城の歴史は意外と古く南北朝時代に豊島左兵衛尉頼貞が築いたとされる。豊島氏と言えば坂東平氏の末裔で石神井城を居城とした豊島氏を思い浮かべるが布川城主豊島氏との関係ははっきりしないという。戦国時代に豊島頼重は北条氏に従っていたが豊臣秀吉の小田原攻めで浅野長政に投降し忍城攻めの負傷によって没した。子の豊島明重が徳川家康に召し抱えられ武蔵富岡に陣屋を構えたが寛永5年(1628)に江戸城内で刃傷沙汰を起こして自害し豊島氏は断絶した。
布川城 城址碑 土塁
土塁 空堀 空堀
 成田線沿いにある千葉県我孫子市の城跡を訪ね歩いたときに布佐駅から近かったので川を渡って茨城県へ入った。そのときに立ち寄ったのが布川城である。利根川に架かる栄橋を渡った突き当りにある徳満寺が布川城で今も土塁や空堀が残っている。
 徳満寺境内がそのまま布川城の範囲と思っていたが実際には八幡神社や東側の住宅地も含む広い城だったらしい。それらの遺構は残念ながらほとんど破壊されているが外郭南東の崖線は森になっているので遺構があるのかもしれない。徳満寺の境内にはわりとはっきりした土塁と空堀があり石碑も建っている。土塁は少し藪が鬱陶しいが少し遠く離れて見ると郭を囲む様子がよくわかった。
JR成田線「布佐」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2005/12/30