福島城
 
別 名 多賀谷城
所在地 茨城県下妻市本城町
築城者 多賀谷氏家
築城年 寛正2年(1461)
廃城年 元和5年(1619)
現 状 多賀谷城跡公園
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定 下妻市指定史跡
備 考
評 価
本丸 土塁
 
 まだ暑さの残る中、真岡鉄道と関東鉄道を利用して南下した。久下田城から始まった城館探訪の最後になったのが下妻城だった。多賀谷氏は武蔵七党の野与党出身の武蔵武士である。室町時代に結城氏に仕え下妻城を築いている。結城合戦で敗れた結城氏の遺児を守り、佐竹氏の支援を受けて結城氏の再興に尽力している。戦国時代末期、多賀谷氏は佐竹氏と連携して北条氏と争ったが、この頃から佐竹氏との友好関係が始まっていたことは興味深い。
 多賀谷重経は豪胆な武将で結城氏から独立し小さいながらも戦国大名となった。千挺もの鉄砲を所有し、佐竹氏と結び大国である北条氏の領土への侵攻を繰り返している。豊臣政権下で20万石を得たまでは順風満帆だったが、朝鮮出兵を渋り所領を大きく減らされた。秀吉死後は上杉景勝と結んで徳川家康に対抗する構えを見せ、同盟者の佐竹義宣の態度が煮え切らないことに業を煮やして下野小山に布陣する家康へ夜襲をかけようとするなど、最後まで剛勇ぶりを発揮していたが、関ヶ原の戦いが終わると改易された。多賀谷氏改易後は松平氏が下妻藩を立藩したが、江戸時代初期に下妻は天領となり下妻城は廃城となった。
 関東の戦国史を調べているとどうしても多賀谷重経の活躍に目を惹かれる。そんな重経の夢の跡はもう何も残っていない。湖沼を利用した難攻不落の城だったが、今ではごくありふれた公園となっている。多賀谷氏の旧臣が建てた石碑が土塁の上に建つぐらいで、当時を偲ぶものは皆無といっていい。訪れたあとに航空写真を見てみると市街地の北の外れに土塁が残っているようだった。開発で失われてしまう前にこの目で確かめておきたいと思う。
 
関東鉄道常総線「下妻」下車 徒歩5分
 
2016/10/07 日本城郭大系/新人物往来社