別 名
所在地 茨城県つくば市北条
築城者 平維幹
築城年 平安時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 多気山城は平安時代に平維幹もしくは多気太郎義幹が築いたという伝承が残っている。建久4年(1193)に曾我兄弟の仇討ちが起こり一時は源頼朝が落命したという噂が流れるほど世間は騒然としたが、混乱に乗じた八田知家が多気義幹を陥れるための流言を放った。義幹が武装して多気山城に兵を集めると知家は義幹謀反の報を鎌倉へ訴えた。義幹の所領は没収され多気山城も廃城となったとされるが、鎌倉時代に多気山城が築かれていたとは考えづらい。戦国時代に使われたことは間違いないので佐竹氏の息がかかった城ということになるのだろう。
多気山城 二の郭跡の横堀 二の郭跡の土塁
二の郭跡 二の郭跡の土橋 主郭跡の虎口
主郭跡の土橋 主郭跡の横堀 主郭跡の土塁
 多気山城が破壊されるというニュースを知ったときには耳を疑った。遺構は完全な状態で残り地元でも里山として親しまれていた場所と聞いていたのでよもや破壊されることはないと思っていたが、破壊前に発掘調査が行われ現地説明会が開かれるまで話は進んでいた。仕事の都合で現地説明会に参加することはできなかったが、まだ見たことのない名城が見られなくなることに我慢ができず友人を誘い発掘後の多気山城へ登ることにした。
 これだけ立派な遺構があるのに歴史はよくわかっていないが、茨城県はなぜか地元の名族佐竹氏に冷たい。江戸時代に出羽へ転封されたこともあるだろうが中世を通して常陸の国守であった家柄である。山梨県は戦国時代に滅んだ武田氏を今も大切にしているし、最近では静岡県も今川氏を再評価する気運が盛り上がっている。茨城県がなぜ佐竹氏を冷遇するのかよくわからない。
 重機が入ったあとの城跡は無残なもので荒涼たる風景がそこには広がっていた。横堀も土塁も剥き出しのままで残っているが海底に横たわる鯨の死骸のようだった。二重の横堀を備えた厳重な備えの山城も開発の前には無力で城の亡骸を前に立ち尽くすしかなかった。
JR常磐線「土浦」下車 関東鉄道バス「筑波山口」行で「北条」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・筑波町史
2009/10/31