福島城
 
別 名
所在地 茨城県稲敷市神宮寺
築城者 東条氏
築城年 南北朝時代
廃城年 南北朝時代
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 茨城県指定史跡
備 考
評 価
土塁
土塁と空堀 土塁 土塁
虎口と土橋 土塁 空堀
 
 旧友と鹿島神宮へ参拝する道中に南北朝争乱の舞台となった神宮寺城と阿波崎城に立ち寄った。阿波崎城には感銘を受けなかったが、神宮寺城は良い城跡だと思った。全体像はもう掴めなくなっているが、土塁と空堀がよく残り、規模から考えると戦国時代まで使われたように思える城だった。
 その歴史も実に興味深い。伊勢を出帆し海路で奥州へ向かった北畠親房は暴風雨に遭遇し常陸の東条ヶ浦に漂着した。地元の武士東条氏が親房を神宮寺城へ迎え入れたと伝わっている。親房らは周辺の武士たちの参陣を募るが、北朝の佐竹氏に攻められ落城し、親房は小田氏の援けを借りて阿波崎城を経て小田城へ移っている。漂着した貴人とそれを純粋に尊んで迎えた土豪の邂逅は小説のようだと思う。闇夜に叩きつけるような雨が降り続く情景が思い浮かぶ。そんな緊張感が伝わってくるような城だった。
 
JR成田線「佐原」下車 桜東バス「江戸崎」行で「神宮寺」下車 徒歩10分
 
2012/10/13 日本城郭大系/新人物往来社
神宮寺城跡案内板