福島城
 
別 名
所在地 茨城県稲敷郡阿見町塙
築城者 舘野氏
築城年 鎌倉時代
廃城年 戦国時代
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 土塁
遠景 主郭 空堀 主郭 土塁
主郭 土塁 帯郭と櫓台 腰郭
 
 10月だが日中はまだ夏のような日差しだった。塙城跡のある小高い丘はすぐにわかった。台地へ登ると腰郭を経て空堀が現れる。稲荷神社のある郭が主郭に相当するのだろう。稲荷神社の存在から土岐氏の城だったことが裏付けられる。郭の中は背の高い雑草が生い茂り、藪蚊がたくさん飛んでいた。蜘蛛の巣を払いのけ進むと土塁と空堀が残っていた。北端の郭に残る櫓台は方形の大きな土壇だった。
 塙城は全体的に良い状態で遺構を留めているが、北西の台地にも三重の堀と土塁を廻らせた屏風のような遺構がある。どちらかと言えばそちらのほうが面白そうな遺構だが、藪漕ぎに辟易して訪れることはしなかった。
 
JR常磐線「土浦」下車 JRバス「江戸崎」行で「塙」下車 徒歩10分
 
2012/10/13 塙城跡案内板