福島城
 
別 名 岡見城
所在地 茨城県牛久市城中町
築城者 岡見頼勝
築城年 天文年間(1532〜55)
廃城年 元和7年(1621)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 牛久市指定史跡
備 考
評 価
主郭 空堀
遠景 三の郭 虎口 三の郭 土塁
三の郭 二の郭 虎口 二の郭 土塁
二の郭 空堀 主郭 主郭 土橋
 
 昔の牛久城は竹林に覆われて手がつけられないほどだったが、最近は竹が伐採されて夏でも歩けるようになった。総構を持った広大な城域を誇る城だったが、中心部以外の大半はまだ雑木林のままとなっている。
 城の遺構はとても見事なもので巨大な土塁と堀に目を奪われた。岡見氏の居城だった牛久城だが、戦国時代末期には北条氏の手が加わる技巧的な城となっている。はじめて訪れたときは竹の牢屋のような有り様だったが、数年後には綺麗になっていた。遺構も見事だが牛久沼周辺の自然景観が印象深い。12月にウラギンシジミが翅を温め、沼沿いの草むらからはノウサギが顔を覗かせていた。
 近世初頭まで由良氏が牛久藩主となっていたが、江戸時代のはじめに無嗣改易となり牛久城は廃城となった。間を置かずに 山口重政が1万5千石で入封したが、重政は牛久城の一画に陣屋を構えて政務を執った。
 
JR常磐線「牛久」下車 市内循環バスで「根古屋」下車 徒歩5分
 
2008/12/07・2015/12/19 日本城郭大系/新人物往来社