別 名
所在地 茨城県土浦市大志戸
築城者 小神野時義
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正元年(1573)
現 状 三十番神社・山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 小田氏から分かれた小神野時義が築いた城という。それから3百年の長きに亘り小神野氏の居城となった。小田氏の居城となっていた藤沢城が攻め落とされると小神野経憲も甲山城を放棄して小田治久を伴い土浦城へと逃げ込んでいる。その後は佐竹氏に使われることもなく甲山城は廃城となったらしい。
甲山城 水溜め遺構 二の郭跡
土塁と三十番神社 主郭跡の横堀 主郭跡の横堀
主郭跡の土塁 主郭跡 主郭跡
 甲山城の名前は知っていたが、公共交通機関を利用して訪れるのはやや無理がある場所のため敬遠していた。ずっとそのまま手をこまねいていたが年末に友人らと訪れる機会を得たのは幸運だった。こういう城を訪れるには車でないと話にならない。電車とバスと徒歩ではせいぜい2ヶ所訪れて終わりだが、車であれば数多く廻ることができるし何よりも友人と一緒だとその場の勢いで一人だと心細いような場所でも訪れることができる。
 三十番神社の参道を登れば城跡へ着く。参道といっても普通の山道だがしっかりとした道があった。10分も登らないうちに最初の郭跡へ着いたと思う。そこから二の郭だけを見たときは特に感じるものはなかったが、主郭の土塁を見たときにはもう気持ちが変わっていた。深い横堀が廻る様子は見事だった。やや藪がひどいが土塁の上を歩きながら主郭を一周してみた。山の大きさからすると意外なほど城域は狭いが立派な遺構である。神社の境内ということもあり破壊を受けることはないだろうが、文化財として保存していってほしいと思う。
JR常磐線「土浦」下車 関東鉄道バス「筑波山口」行で「新治診療所前」下車 徒歩1時間
日本城郭大系/新人物往来社・新治村史
2015/12/19