別 名
所在地 茨城県土浦市永井
築城者 小田氏
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 鎌倉時代に築かれた小田氏の支城とされるが具体的な城主などは伝わっていない。甲山城と同じく小高い山の上に築かれた居館といった規模の城館である。南北朝時代の小田氏は当初に南朝に味方をしていたために永井城も足利尊氏の家臣高師冬の攻撃を受けている。その後も小田氏の支配領域を守る支城であったとは思うが廃城時期などもわからない。
永井城 主郭跡の虎口 主郭跡の土塁
主郭跡の土塁 主郭跡の土塁 主郭跡の土橋
主郭跡の横堀 主郭跡の横堀 主郭跡の横堀
 最寄り駅は常磐線の神立駅となるがバスがないために相当な距離を歩くことになる。永井集落の山ノ荘郵便局の北東にあるなだらかな丘が城跡で麓の墓地から登る道があった。寛永3年(1626)建立の大日如来塔があるので地元で場所を尋ねればわかるだろう。
 小さな城だが遺構が凝縮されている感じで楽しめた。単なる方形居館ではなくややいびつな多角形で構成されている。郭を守るように横堀が構えられ北西には土塁が二本張り出して馬出しのような区画を形成している。無名の城館だが遺構は完璧に残っている。
JR常磐線「神立」下車 徒歩1時間45分
日本城郭大系/新人物往来社・新治村史
2015/12/19