福島城
 
別 名
所在地 茨城県牛久市新地町
築城者 岡見氏
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 東林寺・農地
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
三の郭 土橋
遠景 二の郭 二の郭 空堀
二の郭 土塁 三の郭 空堀 東林寺 五輪塔
 
 牛久城を訪ねたときに近くにある東林寺城にも寄り道をしてみた。地形図を見て事前にだいたいのかたちは掴むことができた。台地先端の主郭は削り取られ、残る郭も農地として利用されている。堀切と土橋がよく残る場所があるが、藪がひどかった。
 東林寺の墓地には城跡から出土した五輪塔が置かれている。案内板によると東林寺の過去帳に栗林義長の名前があるという。栗林義長といえば岡見氏の配下で神がかり的な活躍をした智将である。実在した人物とされていないが、軍記にはその活躍が生き生きと描かれている。
 
JR常磐線「牛久」下車 市内循環バスで「新地公会堂」下車 徒歩1分
 
2008/12/07 日本城郭大系/新人物往来社
牛久市史