別 名 鴻巣御所・鴻巣館
所在地 茨城県古河市鴻巣
築城者 足利成氏
築城年 享徳4年(1455)
廃城年 寛永7年(1630)
現 状 古河総合公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 茨城県指定史跡
評 価
 山内上杉氏と扇谷上杉氏との間で不和を生じて鎌倉を追われた足利成氏は享徳4年(1455)に古河へ逃れて居館を構えた。古河城ではなく新たに館を築いた理由はわからないが鴻巣館を成氏は拠点としている。やがては古河城と鴻巣館はほとんど一体のものとなるが北条氏の侵攻には抗えず弘治元年(1555)に北条氏康に擁立された義氏が公方となったことで古河公方は北条氏の傀儡となった。
古河公方館 館跡と沼 館跡碑
館跡 日本民家園 堀状の地形
 古河城へ訪れたときは古河公方館にも立ち寄っている。少し距離はあるが歩けないことはなく良い散歩道である。僕が訪ねた日は道路工事の最中でかなり遠い道から迂回させられた。古河公方館は古河総合公園内に保存されており日本民家園がとても楽しかった。
 館跡は土塁と空堀が残る程度だが沼と湿地があるから野鳥が多いようで鳥の巣箱がたくさんあった。長く北関東に君臨した公方の本拠としては手狭な印象を受けるが古河城を包括した一帯をその居城として考えれば広大でさすがに足利氏の居館という感じがする。
JR東北本線「古河」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・城郭と城下町/小学館・関東の城/小学館
2003/02/08・2009/12/21