福島城
 
別 名 臥牛城
所在地 茨城県結城市結城
築城者 結城朝光
築城年 寿永2年(1183)
廃城年 慶応4年(1868)
現 状 結城城跡歴史公園
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 結城市指定史跡
備 考
評 価
実城 土橋
大手 水堀 実城 空堀 実城 切岸
西館 出枡形 玉日姫墓碑
 
 結城城には少年時代から憧憬を抱いていた。中学生の頃に司馬遼太郎が書き下ろした豊臣家の人々という短編集を読んだ。その中に結城秀康を題材とした話があった。その悲運の生涯を思うととても切なくなったものだった。秀康と結城城はそれほど深い関係はないが、はじめて10万石の領主となった城なので、どうしても行きたくなった。
 真夏の暑さも少しだけ和らいだ8月下旬に結城城を訪ねてみた。結城合戦で幕府の大軍を相手に持ち応えた堅城という感じは受けない。見渡す限り青々とした水田ばかりという印象しかないが、この湿地が結城城を難攻不落としたのだろう。公園になっているが城跡の面影はそこかしこにあったことは記憶している。
 秀康に話を戻したい。家康から疎んぜられ秀忠からは腫れ物に触るような扱いを受けた悲劇の貴公子である。秀吉へ養子に出されたのは8歳の頃だったが、当時の秀吉は実子が産まれる前だから秀康を可愛がったと思う。淀殿が懐妊するまでの秀吉は慈しみのある名将だった。実質的に人質となった秀康だが、宇喜多秀家と同じように愛されたと思うし、秀吉はその将器を見抜いていたとも思いたい。
 関ヶ原の戦いでは体よく上杉景勝への抑えとされ、一発の銃弾も放たぬまま越前の太守にされた。秀康の内心はどうだったのだろう。大坂の秀頼を援けたかったのか、実父の家康にその武勇を見せつけたかったのか。強さを見せることなく早世したのが本当に惜しまれる。
 
JR水戸線「結城」下車 徒歩20分
 
2005/08/28 日本城郭大系/新人物往来社
城郭と城下町/小学館