福島城
 
別 名 飯沼城
所在地 茨城県坂東市逆井
築城者 逆井常宗
築城年 宝徳2年(1450)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 逆井城跡公園
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物 門・櫓・板塀
史跡指定 茨城県指定史跡
備 考
評 価
西二曲輪 物見櫓と井楼櫓
西二曲輪 物見櫓と井楼櫓 西二曲輪 井楼櫓 西二曲輪 土塁と水堀
東二曲輪 二重土塁 主曲輪 鐘堀池 主曲輪 虎口
主曲輪 木橋と城門 主曲輪 空堀 主曲輪 空堀
 
 昭和の終わり頃に復元が進む逆井城の勇姿を本で読んだ。近世の城が復元された例は多いが、中世の城が建物まで復元されたのはそれまであまり例がなかったと思う。戦国時代の城が生き生きと甦ったようでとても興味を覚えた。しかし逆井城は車でないと行けない。旧猿島町には鉄道路線がなく、逆井城付近を走る路線バスもない。車を所有しているときは城跡への興味が少し薄らいでいた頃で、逆井城のことは脳裏から消えていた。
 古い友人と茨城県方面へ車で出かけたときにようやく逆井城へ訪れることができた。復元されてから20年ほどの歳月が流れていたが、この頃はまだ井楼櫓にも登ることができた。それから2年後に訪れたときには施設の老朽化を理由に建物へ上がることはできなくなっていた。逆井城跡公園は無料だったと思う。これだけの整備を行い、建物まで復元しているのだから多少の入場料を徴収しても良いと思う。
 野放図に復元するだけではなく城門などは本来の位置より少しずらして建てられている。実際の門跡の遺構を保護するための配慮も素晴らしいと思う。よほど優れた研究者の監修により設計されたのだろうと感心した。復元されるまではまったく無名の城であり、日本城郭大系でも巻末一覧にさらりと掲載されているだけだった。北条氏が使用したという歴史的背景が明らかなのも復元を後押ししたと思う。
 
首都圏中央連絡自動車道 境古河ICから10分
 
2007/04/29
2009/10/31
関東の城/小学館
図説日本名城集/学研
逆井城跡パンフレット