福島城
 
別 名
所在地 茨城県古河市古河
築城者 下河辺行平
築城年 平安時代末期
廃城年 明治4年(1871)
現 状 河川敷・宅地・農地
遺 構 土塁・水堀
移築建造物 門・蔵
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
本丸
観音寺曲輪 土塁 桜町曲輪 土塁 獅子崎土塁
百間堀 乾門 乾蔵
 
 関東の要衝として栄えた古河城も渡良瀬川の付け替えによって大半が水没し、中心部も河川敷となってしまった。古河はそれほど遠くないので何度か訪れているが、結局は堤防を歩くだけに終わる。関東を代表する要害の面影を探ろう残存する土塁や堀の痕跡をたどってみたが、何度訪れても物足りなさが残る。
 わずかな慰めは城門や蔵、武家屋敷が残ることと古い街並みが随所に残っていることだった。諏訪曲輪の土塁と水堀は唯一城跡らしさを感じることができる場所だったが、古河歴史博物館の建設で単なるモニュメントのようになっている。国土地理院で明治時代の迅速則図を見ると廃城当時の姿を保つ古河城を見ることができる。
 
JR東北本線「古河」下車 徒歩15分
 
2002/02/08・2009/12/21 日本城郭大系/新人物往来社
城郭と城下町/小学館
関東の城/小学館