別 名
所在地 茨城県つくばみらい市筒戸
築城者 筒戸氏
築城年 永禄2年(1559)
廃城年 天正17年(1589)
現 状 宅地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 筒戸城は永禄2年(1559)に相馬氏の血を受け継いだ筒戸氏が築いたという。天正18年(1590)に相馬一族は豊臣秀吉のもとに参戦せず北条氏に加担したため筒戸城は廃城になった。それ以前から筒戸城は秀吉に誼を通じていた多賀谷氏の軍勢に攻め込まれていたという。
関東鉄道 案内板 堀跡
堀跡 土塁 土塁
 10月初旬だったが残暑が残っていたことを覚えている。守谷城跡を訪ねたときに道路地図に筒戸城跡の記載があったので立ち寄った。案内板が設置されているが城跡の遺構はほとんど消滅しかかっていた。
 案内板の建つ場所を中心に歩き回ってみると細い路地が堀跡であることがわかり竹藪には土塁が見られた。遠い昔のことなのでそれぐらいのことしか記憶にないが、いかにもローカル線といった関東鉄道の雰囲気がとても良かったことが印象に残っている。
関東鉄道常総線「新守谷」下車 徒歩30分
筒戸城跡案内板
2006/10/08