福島城
 
別 名 円満寺城
所在地 茨城県古河市小堤
築城者 諏訪三河守
築城年 室町時代
廃城年 大永年間(1521〜27)
現 状 円満寺
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
水堀
土塁 土塁と空堀 水堀
 
 古河駅から歩いたがとても遠く感じた。円満寺境内がそのまま城跡だが案内板はない。南側は駐車場などがあり旧状を失っているが、それ以外はよく残っている。古河公方に仕えた諏訪氏の居城ということまでしかわからない。諏訪氏は諏訪四郎勝頼に繋がる信濃の名族である。円満寺の寺伝では小堤城主諏訪三河守頼方が息女の病気平癒を願って両界曼荼羅を円満寺に寄進したとされ、曼荼羅は今も保存されている。
 訪れたのは冬で藪も少なく、時間をかけて土塁と堀に沿って歩いてみたが、とても落ち着いた雰囲気を保った城だった。帰りはバスを利用して古河駅まで帰った。
 
JR宇都宮線「古河」下車 茨急バス「北茂呂車庫」行で「小堤」下車 徒歩3分
 
2009/12/21 日本城郭大系/新人物往来社