別 名
所在地 茨城県つくば市北条
築城者 北条時家
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正10年(1582)
現 状 北条小学校
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 北条城は八田知家の七男北条七郎時家の居城という。つまり鎌倉時代の執権北条氏や戦国時代の小田原北条氏とは何ら関係のない一族である。常陸の北条氏は戦国時代まで存続し佐竹氏の支配下に置かれていたが、天正10年(1582)に多賀谷氏に攻められて北条城は落城したという。
 消滅する寸前の多気山城を見たあとは近くにある城をいくつか回った。多気山城の麓にある北条小学校が北条城跡とされているが、小高い丘の上にあるというだけで遺構は何も残っていない。小学校のグラウンドの脇に細い道があり何となく切岸のように見える程度で特筆すべきものはなかった。小学校の改築時に発掘調査が行われているが裏付けるような遺構は検出されなかった。
JR常磐線「土浦」下車 関東鉄道バス「筑波山口」行で「北条仲町」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社
2009/10/31