別 名 強清水城
所在地 茨城県つくば市金田
築城者 沼尻又五郎
築城年 戦国時代
廃城年 天正2年(1574)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 この見事な城を築いたのは小田氏に仕えた沼尻氏だという。沼尻氏単独による土木作業なのかと考えてしまったが、小田六騎に数えられた精鋭だけにこれだけの見事な居城を築いたとしても不思議ではなく小田氏からの援助もあったのだろう。
金田城 主郭跡の空堀 主郭跡の空堀
主郭跡の空堀 主郭跡の空堀 主郭跡
主郭跡の土塁 主郭跡の土塁 主郭跡の土塁
 年末に訪れた金田城は想像を遥かに上回る城跡だった。中世城郭事典に収録された図面を見る限りでは普通の単郭居館と思っていた。城跡には案内板や道もなく丘を直登して訪れたが、僕が持っていた概念はその場で打ち砕かれた。巨大な横堀を廻らせたその姿を見て金田館ではなく金田城と呼ぶ意味が理解できた。深い堀底に下りたり這い上がったりを繰り返して金田城の壮大な遺構を体感できたのは有意義だった。とにかくこの城は傑作だと思う。
JR常磐線「荒川沖」下車 関東鉄道バス「土浦」行で「花室観音入口」下車 徒歩25分
中世城郭事典/新人物往来社
2013/12/23