別 名 手子丸城
所在地 茨城県つくば市手子生
築城者 八田知経
築城年 正治年間(1199〜1201)
廃城年 元禄11年(1698)
現 状 宅地・農地
遺 構 土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 佐竹氏に小田城を落とされた小田氏治は手子生城へ逃げ込んだが佐竹氏の追撃でこの城も落とされている。北条氏滅亡後に関東へ入国した徳川家康は最後まで小田氏に忠誠を尽くした菅谷範政を召し出して5千石を与え、範政はそのまま手子生城を居城としている。
城址碑 土塁 空堀
雄山寺跡の墓石 水堀 土橋
 畑の真ん中に建っていた手子生城の石碑は、来る前に立ち寄った長峰城と同じ規格のものだった。これとは別に城跡の由来を刻む碑もあったが東日本大震災で倒壊しそのままになっていた。むごたらしい傷跡が消えずに残っているのを見てあの日を思い出した。
 城跡はかなり破壊されて土塁と堀が痕跡を留めているに過ぎなかったが、前日までの雨が残り堀には水が溜まって水堀の景観を醸し出していた。おかげで土橋がくっきりと強調され美しい風景だった。
関東鉄道常総線「石下」下車 関鉄パープルバス「土浦駅」行で「手子生」下車 徒歩3分
日本城郭大系/新人物往来社
2013/12/23