別 名
所在地 茨城県猿島郡境町長井戸
築城者 菅谷左京
築城年 天文年間(1532〜55)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 長井戸香取神社
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 戦国時代の長井戸城は下野小山氏に属した菅谷左京の居城だったという。それ以前からあった方形居館を成り立ちとすると考えられているが歴史についてはわからない。小山氏が北条氏に降った後も古河城と逆井城の中間地点として使用され北条氏の滅亡とともに廃城となったらしい。
曲輪跡 土塁と空堀 土塁と空堀
土塁 土塁と空堀 土塁
 茨城県は平野部でも遺構を残している城跡が多かったが少しずつ道路建設や宅地化で消滅していく城跡も増えた。猿島郡は鉄道路線から外れていることもあり今も遺構を残している城が多く長井戸城の遺構も良い雰囲気を残していた。
 長井戸城は長井戸香取神社の境内になっているおかげで開発の手も及んでいない。これほどに立派な遺構が残っているとは知らなかったので土塁と空堀を見て感嘆の声が出た。ちょうど日が傾きかけていた時間帯でもあり西日がうまく土塁と空堀のコントラストを浮かび上がらせてくれた。全体的に見れば半分程度なのかもしれないが、逆に言えば短時間で凝縮された遺構を見られるので満足感は得られる。
JR宇都宮線「古河」下車 朝日バス「境車庫」行で終点下車 徒歩20分
戦国の戦い/学研・戦国北条五代/学研
2012/05/04