別 名
所在地 茨城県稲敷郡阿見町上条
築城者 大越氏
築城年 南北朝時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 宅地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 南北朝時代の終わり頃に山内上杉氏が信太荘を掌握し信太荘山内衆と呼ばれる武士団のひとり大越氏が上条城主となっている。山内上杉氏が衰えると大越氏は江戸崎城主土岐氏に仕えるが天文年間(1532〜54)に小田氏治の家臣江戸崎監物が攻め落とし上条城を居城としている。天正2年(1574年)に江戸崎監物は佐竹氏に寝返るが土岐氏の攻撃を受けて自刃したとされている。なお江戸崎監物の活躍は一級史料には見られないため信用が置けないと案内板には記されていた。
案内板 土塁 土塁
稲荷神社 空堀 堀跡
 学生時代の友人と鹿島神宮へ訪れた道中で阿見町の城館を訪ねた。気温は高めだったが吹いてくる風が心地よい一日だった。あらかじめ道路地図に印をつけておいて時間が許す限り立ち寄ってみたが、おかげで鹿島神宮に着いたときは日が傾きかけた時間になっていた。
 万蔵院から緩やかな坂を上るとはっきりとした土塁が残り傍らに案内板が設置されているが、無名に近い城にこうした目印があるのはとてもありがたい。空堀は竹藪となって冬場でもそれほど見通しは利かないと思う。道沿いに残る土塁も立派だが民家の敷地内に残る土塁は見事だった。小さな稲荷神社は上条城が土岐氏の勢力範囲にあったことを物語るようだった。廃城後に城下集落が台地上へ移ったために大半の遺構は破壊されてしまったそうだが残る遺構を見られただけでも満足だった。
JR常磐線「土浦」下車 JRバス「江戸崎」行で「内堀」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・上条城跡案内板
2012/10/13