別 名 沼田城
所在地 茨城県龍ヶ崎市馴馬町
築城者 春日顕国
築城年 南北朝時代
廃城年
現 状 龍ヶ崎市歴史民俗資料館・山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 茨城県指定史跡
評 価
 誰が築いたかはわかっていないが常陸における南朝勢力の拠点であり、北畠親房が撤退した後の康永2年(1343)に春日顕国が馴馬城に立て籠もり北朝方に抵抗したが宍戸朝里の攻撃を受けて落城したことが記録に見える。古式な造りの城郭であり南北朝時代の姿を残したまま廃城になったように思える。
城跡入口 堀底道 土塁
土塁 土塁 空堀
 印旛沼から龍ヶ崎市に及ぶ城館探訪は真夏の暑い日だった。馴馬城は歴史民俗資料館があるため場所はわかりやすい。その代わり遺構は今ひとつという印象だった。南北朝時代の城跡だから遺構が今ひとつなのは仕方がないが、土塁や空堀が残っていたのでそれなりに楽しむことはできた。
 とにかく暑い日だったことだけは覚えている。その暑さの中で藪の中へ飛び込んだのは自分がそれだけ若かったからだろう。土橋は大きすぎて道にしか見えず空堀も幅が広すぎて郭と思えたほどだった。面白みのない城だが南朝の拠点ということで茨城県史跡となっている。茨城県は皇国史観が盛んだったと見えて南朝の城であれば国や県の文化財指定を受けているが、当時のその思想には辟易しないでもない。馴馬城を散策したあとに涼を求めて入った歴史民俗資料館の展示物は龍ヶ崎市の城館についての展示と資料が充実していて面白かった。
関東鉄道龍ヶ崎線「龍ヶ崎」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・馴馬城跡案内板
2008/07/20