別 名
所在地 茨城県龍ヶ崎市白羽
築城者 長峰民部
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 長峰東公園
遺 構 郭・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 長峰城の歴史については戦国時代に長峰民部の居城だったということしか伝わらない。勢力圏で言えば土岐氏に仕えた武士であることが濃厚だが土岐氏の家臣団については手持ちの資料では調べることができなかった。周辺の城館はそのほとんどが土岐氏の家臣にゆかりのあるものなので長峰城もそう考えて差し支えないと思う。
長峰城 腰郭 曲輪跡
曲輪跡 古墳 長峰城からの眺望
 龍ヶ崎市の中心部からかなり東の台地上に築かれた城で現在は長峰東公園となっている。公園化される前に発掘調査が行われており発掘時の写真や図面などが比較的豊富に残されている。良好に残されていた城の遺構を残した公園にすれば良かったのだろうが、工事費は多く計上したほうが土建会社は潤うし発注した側の見返りも多い。こうして多くの城跡が犠牲となっている。
 破壊される以前の長峰城の図を見ると何とも不思議な形をしていた。蒲鉾のような形の主郭を堀が取り囲み北へ長細い郭が伸びるという人差し指を伸ばした右手のような形だった。公園化で地形が変わり図面を眺めつつ歩いても今ひとつイメージが湧かなかった。
関東鉄道龍ヶ崎線「龍ヶ崎」下車 関東鉄道バス「江戸崎」行で「長峰沖」下車 徒歩45分
龍ヶ崎の中世城郭跡/龍ヶ崎市
2009/01/10