若神子古城・若神子大城
 
 
主郭跡
所在地 山梨県北杜市須玉町若神子
遺構 郭・土塁・空堀
現状 ふるさと公園
目標物 標柱・案内板
史跡指定 北杜市指定史跡
 
平安時代 源義光が築いたとの伝承あり
戦国時代 武田信玄が信濃出陣時の拠点とする
天正10年(1582) 天正壬午の乱で北条氏直が若神子城に布陣する
 
参考 若神子城跡案内板・甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
ふるさと公園として整備されており
遠くからでも武田氏の烽火台の看板が見える
城跡へは車で登ることができ、駐車場が完備されている
トイレやベンチなども置かれて寛げるが
半面、遺構はあらかた破壊されてしまった
尾根の南端は大きな改変を免れたようで
土塁や空堀が今も残っている
復元された烽火台はかなり朽ちていたのと
実際にこんなものがあったのかは不明
 
若神子城跡 薬研堀 土塁
土塁 虎口跡の宿借岩 城跡からの眺望
 
 山梨県の城を訪ね歩き始めたときから若神子城は訪れておきたいと思っていました。遺構はもうほとんど残っていないことは承知していましたが、やはり甲斐源氏の息吹を感じられる場所ですからね。武田氏の祖先にあたる新羅三郎義光や逸見冠者義清が築いたという伝承を持つ城ですが、当時の城館の概念には当てはめることができないと思います。実際に若神子城がいつ築かれたのかはわかっていません。
 武田信玄は信濃へ兵を向けるときに若神子に軍勢を集結させています。佐久や諏訪へ向かうには最適の場所で信玄が重視したのも頷けますが、それ以上に甲斐源氏の故地であることで神聖化していた面もあるのではないかと思います。黒澤明監督の名作「影武者」のような勇ましい光景が見られたのかもしれません。
 北杜市の城跡は中央本線の各駅からは遠い場所が多くて、若神子城へ訪れるのも苦労しました。穴山駅を起点に能見城の長塁を見物し、そこから大豆生田砦を経て若神子城へたどり着きました。ここまでの道程はかなり遠かったのですが、そこから日野春駅まで歩くのが本当に遠かったです。
 ふるさと公園として整備されていますが、そのために遺構はほとんど残っていません。公園入口に虎口があるそうですが見落としました。着いたときに急に天気が崩れて雷が鳴り雨も落ちてきたために急ぎ足で見たために隅々までは見ていません。雷にビクビクしつつ発掘された薬研堀と南端の土塁と空堀はしっかりと目に焼き付けてきました。薬研堀は北条氏が布陣したときの遺構なのでしょうね。若神子城のシンボルといえば復元された狼煙台ですが相当の年代物なのか、かなり老朽化していました。武田氏の狼煙の里ということを売り物にしている若神子の町ですが、そのせいか公園には最近では珍しくやたらと吸い殻入れが置いてありました。喫煙者の僕にとってはありがたい配慮ですが、ここまでたくさん喫煙場所のある公園はあまり見かけないですね。遺構はたいしたことがない城ですが、訪ねておきたい城だったので満足度は高かったです。
2014/09/11
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山梨交通バス「増冨温泉郷」行きで「若神子古城入口」下車
城跡までは徒歩25分程度