主郭跡
所在地 山梨県北杜市須玉町若神子
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 標柱
史跡指定 北杜市指定史跡
 
天正10年(1582) 天正壬午の乱で北条氏の軍勢が布陣する
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
正覚寺の裏山が城跡で山頂まで車道がある
グリーンテニスクラブの敷地を抜けると山林があり
踏み込んで行くと朽ちかけた標柱がある
9月だったのでまだ藪がうるさい時期だったが
土塁と空堀はかなりしっかりと残っていた
南端が大手らしいがそちらの遺構は確かめていない
 
若神子北城跡 城址の標柱 郭跡
土塁 東麓の正覚寺 源義光と義清の墓
 
 若神子城へ向かう途中、先に立ち寄ったのが若神子北城でした。それまでは晴天だったのですが、ここへ着いた頃から雲行きが怪しくなり、城跡を散策するときには頭上で雷鳴が轟く有り様でした。なぜか残暑が残る9月に訪問してしまい、せっかくの遺構も藪の中といった感じでしたね。
 正覚寺は甲斐武田氏ゆかりの寺院で、その始祖でもある源義光と義清の墓が並んでいました。ひょっとすると正覚寺が武田氏初期の居館だったのではないかとも思ったりします。お寺から少し歩くとテニスクラブへ続く車道があります。暑さが残る中を歩いていると都会ではまったく見なくなったキリギリスがいっぱいいました。それはそれで楽しかったかな。
 優雅にテニスを楽しむ人たちとは真逆でこちらは藪の中へ突入する奇人です。雨がそぼ降る中、城跡へ踏み込むとけっこう見事な遺構が残っていることに驚きました。若神子城よりもこっちのほうが遺構がよく残っているぐらいです。短期間のみ使用された陣城なので、それほど手の込んだ技巧的な遺構ではないですが、それなりに楽しむことができたと思います。
2014/09/11
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山梨交通バス「増冨温泉郷」行きで「若神子古城入口」下車
城跡までは徒歩40分程度