城址遠景
所在地 山梨県北杜市須玉町若神子
遺構
現状 法徳寺
目標物 標柱
史跡指定 北杜市指定史跡
 
天正10年(1582) 天正壬午の乱で北条氏が布陣する
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 若神子南城の歴史はあまりわかりませんでした。武田氏時代に若神子城の出城が築かれていた可能性は十分あると思いますが、確証を持って言えることは天正壬午の乱で北条軍が布陣したことでしょう。
 須玉地区は中央本線の駅から遠いので苦労しました。若神子北城、若神子城の順番で廻ったのですが、途中から雷を伴う雨となり、若神子南城は登ろうという気力がなくなり遠景の撮影のみに留めました。史跡標柱があるということですが、遺構は寺院の建設によりほぼ失われているようです。ここから日野春駅まではちょっとした山越えみたいな感じでえらい遠かったです。
2014/09/11
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山梨交通バス「増冨温泉郷」行きで「若神子中学校」下車
城跡までは徒歩25分程度