島崎城
 
 
砦跡の現況
所在地 山梨県北杜市須玉町大豆生田
遺構 消滅
現状 墓地
目標物 標柱
史跡指定  
 
天正10年(1582) 天正壬午の乱で北条氏に属した藤巻氏が大豆生田砦を守備する
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 天正10年(1582)の天正壬午の乱で北条氏に味方した藤巻氏が築いた砦とされています。藤巻氏の居館跡から程近い場所にあるので無理のない説だと思います。須玉川と塩川の合流地点であり、要害性の高い場所ですから、武田氏時代にはすでに砦が存在していたかもしれません。
 国道の清里ラインを利用して桐の木橋交差点から県道に入るとすぐに中央自動車道が見えてきます。天然記念物のヒイラギの木と巨大な題目大宝塔の石碑がありますが、ここが大豆生田砦の東端とにあたります。高速道路の建設で砦は全壊していますが、須玉町名物の朽ちかけた標柱が転がっていたので立てかけておきました。それにしても中央自動車道は数多くの城跡を目の敵のように破壊していますね。
2014/09/11
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山梨交通バス「増冨温泉郷」行きで「大豆生田下」下車
砦跡までは徒歩3分程度より