屋敷跡付近
所在地 山梨県北杜市須玉町大豆生田
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
年代不詳 藤巻氏が屋敷を構える
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 塩川沿いの河岸段丘上に藤巻氏の屋敷跡はありますが遺構はありません。藤巻氏は奈胡庄の出身でしたが水害により当地へ移り住んだそうです。いつの時代に移住したのかは不明ですが、戦国時代は武田氏に仕えていました。
 屋敷のある場所は川の合流地点にあたる要害地形であり、武田氏が滅び織田信長も本能寺で横死すると甲斐は他国の草刈り場となりました。天正壬午の乱で徳川家康と対峙した北条氏直が若神子に布陣しましたが、要衝でもあった藤巻氏の所領は必然的に北条氏の最前線となってしまいます。成り行きで北条氏に臣従し大豆生田砦を守ることとなりましたが、最前線があと数百メートル北にずれていれば、徳川軍に味方することになったわけですから、その後の藤巻氏の運命も変わったかもしれません。後年、北条氏が滅ぶと藤巻一族は故郷に戻り帰農しました。今も末裔がこの土地を守っているので先祖の選択も案外誤りではなかったと思います。
2014/09/11
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山梨交通バス「増冨温泉郷」行きで「大豆生田上」下車
屋敷跡までは徒歩5分程度