信尹屋敷跡
所在地 山梨県北杜市須玉町大蔵
遺構 土塁
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 真田隠岐守信尹が屋敷を構える
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 平成28年のNHK大河ドラマは真田丸でした。主人公真田信繁の叔父として随所に渋い味を出していたのが真田信尹です。信伊は真田幸隆の四男として生まれました。名将揃いの兄弟でしたが、武田氏滅亡後は昌幸と信尹が生き残りました。幼少期に武田氏へ人質として出されましたが、信玄に気に入られて加津野氏の名跡を継いだとされています。おそらくその頃に須玉町に屋敷を与えられたのでしょう。
 兄昌幸の名声が高いためにあまり目立たない人物ですが、真田の血を引く人だけあって有能な武将でした。武田家滅亡後は北条氏に仕えた後に徳川家康に1万石の高禄で召し抱えられましたが浪人し、蒲生氏郷に招かれて5千石を与えられています。氏郷死去後は徳川家に帰参し、子孫は旗本として続いています。徳川家に仕えていたときも昌幸や信繁とは良い関係だったようで、大坂の陣でも信繁のもとを訪れています。ドラマの中でも信尹に憧憬を抱く信繁に対して「俺みたいになるな」と戒める場面がありましたが、かっこいいですね。
 さて、その屋敷跡ですが、ちょっと入り組んだ場所にあります。宅地となっているので内部は見られませんでしたが、今も土塁が残されています。それにしてもこの日は随分と長い距離を歩いて疲れました。
2014/09/11
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」
山梨交通バス「増冨温泉郷」行きで「新橋」下車
屋敷跡までは徒歩5分程度