江草城
 
 
腰郭の石積み
所在地 山梨県北杜市須玉町江草
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 北杜市指定史跡
 
応永年間(1394〜1428) 江草信泰が獅子吼城を築く
享禄5年(1532) 獅子吼城主今井信元、武田信虎に降る
天正10年(1582) 天正壬午の乱で北条軍が布陣する獅子吼城を服部半蔵が夜襲で落城させる
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
根古屋神社から登山道があるが車道で上まで行ける
入口に案内板が設置されており見学には便利
遺構は見事の一言で夥しい石積みが見どころ
堀切も竪堀も残っているので見逃すことがなきよう
10月下旬でもまだ木々が茂っていたが
紅葉の時期はとても綺麗になりそうだった
 
獅子吼城跡 堀切 横堀と土塁
石積み 石積み 腰郭跡
主郭跡への通路 主郭跡 竪土塁
 
 獅子吼城は前々から行きたいと思っていました。あの石積みをぜひ自分の目で見てみたいという気持ちが抑えきれなくなり、韮崎駅からバスに揺られて訪れました。正確に言うと大渡烽火台を最初に訪ねてから獅子吼城まで歩いてやってきたのですが、遠目に見ても江草富士と呼ばれるだけあって美しい山容の山です。
 麓に道標がありますが、目立つ山だから迷うことなく到達。車道を登りつめていよいよ城内へ入ります。堀切を越えて主要部へ向かうと立派な横堀がお出迎えです。このあたりから巨岩がごろごろと転がり、いたるところに石積みが顔を覗かせます。かなり崩落していますが、今も堅固な構えを見せている箇所もありました。いかにも古城といった雰囲気がたまらなかったですね。主郭へ向かう石段を登ると腰郭群がありますが、このあたりの石積みがいちばん美しいように感じます。主郭跡は10月下旬でも草ぼうぼうでしたが、吹き抜ける風がひんやりして汗だくの自分を癒してくれました。まるで惑星探査をしているような気持ちになるぐらいの崩落した石積み歩きは実に不思議な気分でしたね。誰もいない獅子吼城を長時間独占できて満足この上ない気持ちでした。
2015/10/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山交タウンコーチ「増冨温泉郷」行きで「平」下車
城跡までは徒歩40分程度
特記事項