番所跡
所在地 山梨県北杜市須玉町江草
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
江戸時代 江戸幕府が口留番所を設置する
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 獅子吼城の南西麓に設置された口留番所跡です。おそらくは戦国時代に武田氏が設けた関所が近世まで番所として存続したものでしょう。見上げれば獅子吼城が聳える要所です。天正壬午の乱では北条氏が抑えた獅子吼城を徳川軍の服部半蔵が伊賀衆を率いて夜襲をかけ奪い取っています。徳川軍は津金衆らを味方に引き入れて合戦を優位に展開しました。獅子吼城を中心とする江草集落は戦略上、重要な場所だったようですから、江戸時代に番所が設置されたのも頷けます。坂の中腹にある民家と小道が番所跡ですが、案内板等は設置されていません。
2015/10/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山交タウンコーチ「増冨温泉郷」行きで「孫女」下車
番所跡までは徒歩15分程度