主郭跡
所在地 山梨県北杜市須玉町江草
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 標柱
史跡指定 北杜市指定史跡
 
戦国時代 武田氏に属した小尾衆が守る
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
大渡のバス停から紅葉橋を渡る
鳥井坂トンネル手前の道を折れて集落へ入り坂を登る
民家が途切れたあたりからさらに登ると鳥井峠へ至る
そこからは適当に登れば10分ぐらいで烽火台へ着く
途中に段郭があり主郭には土塁が残っていた
主郭の西には堀切があるがそれほど大きくはない
標柱は朽ち果てて粉々になっていたので
そろそろ新しいのにしたらいいのではないかな
 
大渡烽火台跡 鳥井峠の切通し 東斜面の段郭
主郭跡の土塁    
 
 塩川沿いの山深い場所にある狼煙台です。訪れるのに躊躇してしまうような場所ですが、韮崎駅からのバスはそこそこ本数があります。獅子吼城から北へ連なる烽火台のひとつですが、鳥井峠を抑える目的も担っていたようで単なる烽火台以上の遺構を残しています。
 大渡烽火台は戦国時代に武田氏の配下となった地域武士団により管理されたようで、この付近を地盤とした小尾衆が守っていたようです。信州佐久へ続く道があり、峠道を監視するため周辺に点在する烽火台とは一線を画すような規模となったのでしょう。
2015/10/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山交タウンコーチ「増冨温泉郷」行きで「大渡」下車
登山道入口の鳥井峠までは徒歩10分
城跡までは徒歩10分程度
特記事項