秋葉神社の石積み
所在地 山梨県北杜市須玉町江草
遺構 消滅
現状 秋葉神社
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 武田氏が設置した烽火台のひとつと考えられる
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
馬場烽火台跡 秋葉神社  
 
 戦国時代に信州峠を経て佐久方面へ至る古道沿いに築かれた烽火台のひとつですが伝承や文献が残っていません。江戸時代には口留番所が設置されているので、それなりに重要視された場所だったようです。
 塩川沿いの道路から馬場口留番所の案内標識に従って坂道を登りました。坂を登りきったあたりで細い路地を東に折れてしばらく歩くと秋葉神社のある山が見えてきます。道が細くてわかりづらい場所にあるので注意が必要です。自分も迷いましたが散歩していた地元の人に尋ねたらすぐに教えてくれました。神社へ至る石段がけっこうきつかったですが、車ならてっぺんまで行けます。山頂には寂れた秋葉神社の社殿があるだけで築城遺構は何もありません。秋葉神社もかなり老朽化が進んでおり、由来等を記した案内板もありません。おまけに周囲も樹木で遮られて眺望も利かずかなり期待外れに終わりました。
2015/10/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山交タウンコーチ「増冨温泉郷」行きで「八巻上」下車
秋葉神社までは徒歩30分程度
特記事項