口留番所跡
所在地 山梨県北杜市須玉町江草
遺構 番所建物
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定 北杜市指定史跡
 
江戸時代 江戸幕府が口留番所を設置する
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 甲斐から信州峠を経て佐久へ通じる穂坂路に設置された番所です。その起源は戦国時代に武田氏が設置した関所ということです。獅子吼城の周辺には三ヶ所もの番所が置かれていたように中世から近世にかけて重要視されており、在郷の農民が当番で番所に詰めていました。
 道路沿いに設置された道標に従い馬場集落への坂道を登ります。番所跡は民家となってますが、案内板が設置されており近世の番所建物が移築されて残っています。番所の門も明野の勝永寺に移築されているそうで、近世の番所としては珍しく遺構を残しています。
2015/10/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山交タウンコーチ「増冨温泉郷」行きで「八巻上」下車
番所跡までは徒歩25分程度