斑山の遠景
所在地 山梨県北杜市須玉町江草
遺構
現状 山林
目標物 標柱
史跡指定  
 
戦国時代 武田氏が烽火台を設置する
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 標高1115mを誇る斑山は北杜市を歩いていると嫌でも目に入る山です。マダラヤマまたはマンドリヤマと読むみたいです。これだけ目立つ山ですから戦国時代には当然のように武田氏が烽火台を設置しました。登山道入口は西側の小倉地区にありますが、他にも複数のルートがあるようです。
 旧須玉町が設置した白い標柱が設置されているようですが、築城遺構は見られないようです。純然たる烽火台のようで、山頂に平場がある程度で堀切などは築かれなかったみたいですね。僕も遺構があれば登ろうと思いますが、他の城好きの方々も斑山には登っていないようですね。
2015/10/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山交タウンコーチ「増冨温泉郷」行きで「中尾」下車
登山道入口までは徒歩50分
烽火台跡までは徒歩60分程度
特記事項