主郭跡
所在地 山梨県北杜市高根町箕輪
遺構
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 武田氏が衛士十騎を常駐させたという
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 武田義光の供養塔がある正覚寺を過ぎてテニスクラブへと続く坂道を登りつめたあたりが十騎屋敷です。テニスクラブの北側に広がる田園の一画にある三角形をした田んぼが中心部のようです。目立つ遺構はありませんが、車道が蛇行するあたりに段郭があります。僕が訪れたのは9月ですから藪で覆われていました。武田氏が士分十人を配置して警備にあたらせたことから十騎屋敷と呼ばれるようになりました。
2014/09/11
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山梨交通バス「増冨温泉郷」行きで「若神子上」下車
屋敷跡までは徒歩30分程度