朝日山塁
 
 
二の郭跡の土塁
所在地 山梨県北杜市高根町村山北割
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 石碑
史跡指定  
 
天正10年(1582) 天正壬午の乱で北条氏直が旭山城を築く
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
総合グラウンドの北側から道がある
車でも城跡付近まで到達することが可能
北側から道をたどり主郭へ入ったが
城内とはわからないまま通過していた
それぐらい主郭跡の削平は甘くのっぺりとしていた
二の郭跡はけっこうしっかりと構築されており
土塁も堀も丁寧に造られている
築城途中だったという通説も頷ける城跡だった
 
旭山城跡 主郭跡の虎口 主郭跡
二の郭跡の土塁 二の郭跡 二の郭跡の空堀
 
 織田信長の横死により混沌とした情勢の中、甲斐を廻り北条氏と徳川家康が争奪戦を展開したのが天正壬午の乱です。戦いは終始、徳川勢が主導権を握りつつ推移し、小競り合いでも北条軍を連破した家康が優位な条件で講和を締結しました。その戦いで北条氏直が急ごしらえで築いたのが標高911mの山頂に遺構を残す旭山城です。
 ここまでの道程は本当に遠かったです。市民バスの本数は皆無に等しく長坂駅から3時間ほどかけて到達しました。緩やかな傾斜の山で舗装された林道を登るだけなので登山の疲れはまったくありませんでしたが、ここへ来るまでの道中が遠くて疲れました。帰りも同じ距離を歩くのかと考えると余計に疲れましたね。
 楽な登山だったし10月の風は気持ち良かったです。肝心の遺構はそこそこといった印象で、森に囲まれたハイキングコースと思いつつ歩いていた場所が主郭跡だったことに後から気づいたぐらいです。そういえば虎口っぽい地形があったなぁと引き返したぐらいですからね。逆に二の郭跡はきちんと造り込まれていました。そこで力尽きたというか、合戦の展開に左右されたのでしょうね。築城半ばで陣払いをしたという印象を受けました。
2015/10/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「長坂」下車
北杜市民バス「清里駅」行きで「新井」下車
登山道入口までは徒歩20分
城跡までは徒歩45分程度
特記事項