北側の土塁
所在地 山梨県北杜市高根町村山北割
遺構 土塁
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
年代不詳 植松氏が屋敷を構える
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 植松氏は佐竹氏の末裔を称しているので武田氏と同じ新羅三郎義光の子孫ということになります。この地に屋敷を構えた年代は不明ですが、戦国時代には津金衆の一員として武田信玄に仕えていたようです。
 NTT電話交換センターの東に植松氏の本家と分家の屋敷がありました。本家の北と東に土塁が残っていましたが、東側の土塁はコンクリート擁壁で被覆されています。屋敷の内側に見える土塁がとても立派だったのですが、家人がいたために撮影は遠慮しました。
2015/10/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「長坂」下車
北杜市民バス「清里駅」行きで「新井」下車
屋敷跡までは徒歩15分程度