笹尾塁
 
 
主郭跡虎口の土塁
所在地 山梨県北杜市小淵沢町下笹尾
遺構 郭・土塁・堀切
現状 城山公園
目標物 案内板
史跡指定 北杜市指定史跡
 
享禄4年(1531) 武田信虎が築く
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版・笹尾塁跡案内板
 
小淵沢駅から45分ほど歩く
取り立てて目印がわるわけでないが
下笹尾の金比羅神社を目指せば途中に道標がある
城跡は公園化されていて訪れやすいが
利便性を追及した分だけ遺構が破壊された
主郭跡と二の郭跡が土塁囲みでよく残る
ちょっとした休憩所もあるのでのんびりできた
眼下に馬場信春の故郷である教来石集落が見える
 
笹尾砦跡 堀切 三の郭跡の堀切
三の郭跡 二の郭跡の虎口 二の郭跡の土塁
主郭跡 主郭跡の土塁 砦跡からの眺め
 
 笹尾城の歴史はあまりわからない。甲斐国内の国人衆と争っていた武田信虎が築いたとされるが、笹尾氏が守っていたというように案内板には書かれていたので地元の土豪による築城だと思う。尾根先端の主郭と二の郭が築城当時の規模で三の郭から北へ展開する郭は時代の変遷により付け加えられたものだろう。記録には残らないが天正壬午の乱で使用されたことは十分に考えられる。
 小淵沢駅から南東へ45分ほど歩いただろうか。近くまでバスはあるけど時刻表を見たらがっかりする本数だったので歩いた。道路沿いに城山公園への道標があるので迷わずに行けたが、この日は5月なのに暑い暑い。アスファルトの照り返しと陽射しを遮るものもなく、炎天下の中をひたすら歩いたから着いたときにベンチでしばらく休んだ。
 車があればとても楽な城で駐車場が完備されている。そのために三の郭が見事に破壊されているのは残念だ。四の郭と五の郭は手つかずの雑木林で造作も乱雑だった。二の郭と主郭は綺麗に手入れされた城跡公園となっているが、樹木の伐採をするときに調子に乗りすぎたのか、倒木の危険があるために立入禁止という看板があった。冗談ではない。ここまで来て引き返すのも癪に障るのでずんずんと奥へ進んだ。おかげで笹尾砦を一人で独占できたのは幸いだった。低い土塁が囲む二の郭と巨大な土塁に守られた主郭はとても見事だ。国境地帯を守る砦らしく眺望に優れ、必要最低限の防備が施された城でここはぜひおすすめしたい場所だと思う。
2015/05/20
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「小淵沢」下車
城跡までは徒歩45分程度