番所跡
所在地 山梨県北杜市小淵沢町小淵沢
遺構 消滅
現状 小淵沢町商工会館
目標物 石碑
史跡指定  
 
江戸時代 江戸幕府が口留番所を構える
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 小淵沢駅から歩いてすぐのところに商工会館があるが、ここが口留番所跡だという。戦国時代には武田氏により番所が構えられ笹尾城とともに甲信国境の警備にあたっていた。馬場信春が小淵沢の番所を守っていたときの屋敷と伝わる場所が小淵沢駅の南西にあるから、教来石氏の一族が付近一帯の警備を任されていたのかもしれない。江戸時代には近郷の農村から農民2人が番所に詰めていたそうだ。
 駅から近いので楽だったが、遺構は何も残らない。この日のメインは笹尾砦だったから足早に立ち去ったのだが、ちょうど自分が訪れた頃に番所跡の石碑が建ったそうで、それを見逃してしまったのがちょっぴり悔しい。
2015/05/20
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「小淵沢」下車
番所跡までは徒歩3分程度